ご案内および入会方法
宮沢賢治賞・イーハトーブ賞

WEB版オリジナル記事
組織
お問い合わせ
フクロウ
  ホーム > セミナーのご案内
 
   
   

「まんつ、エナさん!

  宮沢賢治と方言

  ―賢治の刻したイーハトーブ花巻語― 」

 

期日:2019323日午後・24日午前

会場:宮沢賢治イーハトーブ館ホール(花巻市)

講演:大野眞男(岩手大学教授)、西成彦(立命館大学教授)、小島聡子(岩手大学准教授)、森三紗(詩人)

方言:高橋輝夫・伊藤諒子他 

*敬称略

   

日程

3月23日(土)

3月24日(日)

1300

――受付――

900

――受付――

 

   ――代表理事挨拶

930

講演・小島聡子氏

 

セミナー趣旨説明

 

「近代言語資料としての宮沢賢治童話」

1345

講演・大野眞男氏

1040

方言の時間

 

宮沢賢治と方言

 

劇「植物医師(部分)」

1455

――休憩――

1110

――休憩――

1510

方言の時間

1125

講演・森 三紗氏

 

「花巻語会話(中級)」

 

「宮沢賢治と岩手方言」

1540

講演・西 成彦氏

 

   ――代表理事挨拶

 

世界文学に刻まれた言語戦争の爪痕

~「方言文学」という問題~

1230

終了

1730

懇親会(山猫軒)

 

 

1900

終了

 

 

   

登壇者

演題

200字ダイジェスト(上段)/肩書き(下段)

大野眞男氏

宮沢賢治と方言

宮沢賢治の作品にたびたび現れる岩手の方言は、日本語全体の中でどのような位置づけの言葉だろうか?
 そして、賢治は方言の音声を表すために、いったいどんな表記上の工夫をしていたのだろうか?
 そして何より、なぜ賢治は日本中に通じるはずのない岩手方言を使って、数多くの作品を書いたのだろうか?
 そして、どうして岩手以外の人たちにも、その作品が愛されるのだろうか。方言の持っている役割とは何だろう。若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」、トシの声は時代が変わっても胸に響くのはなぜなのだろうか。

西 成彦氏

 

世界文学に刻まれた言語戦争の爪痕

~「方言文学」という問題~

 賢治がイメージした「イーハトヴ」は、さまざまな時代を背景にしているが、いずれもが言語接触の物語の形をとっていることは、『森のゲリラ』(1997)のなかでも指摘した。その後、私はこの問題意識を拡張する形で「外地の日本語文学」全般を研究対象に据えてきたのだが、『バイリンガルな夢と憂鬱』(2013)や『外地巡礼』(2018)で論じたことを、あらためて賢治研究に差し戻して話したい。賢治文学の「世界性」を考える上では重要な論点だと思っている。

小島聡子氏

「近代言語資料としての宮沢賢治童話」

 日本語学の立場から見たとき、宮沢賢治は、意識的に方言で書こうとした点で興味深く、彼の作品にまとまって出てくる方言は、当時の花巻方言の実態を示す資料として、他の方言集などの資料の比較・検証に有用である。一方、宮沢賢治は国定教科書による「標準語」教育を受けた第一世代であり、当時の「標準語」との葛藤を考える際に、彼の作品の「標準語」の部分も大変興味深い資料となる。

森 三紗氏

岩手方言と宮沢賢治

1 賢治の方言の言語環境を考える手立てとして、宮沢家の政次郎、イチ、清六、愛子(敬称略)の心優しき対話を宮沢和樹氏の協力で録音テープを聞くことが出来た。(2月23日林風舎にて宮沢潤子氏の助言もあった。)その説明。
2 昭和45年4月から翌年3月まで筆者は宮沢家に寄寓し、家事見習の機会に恵まれ花巻方言をお聞きする環境にあった、体験談。
3 盛岡の宮沢賢治、清六、森荘已池との交流。
4 生活語詩運動と私(方言詩朗読)。

高橋輝夫氏、伊藤諒子氏、ざしきぼっこの会

方言の時間

 花巻語会話(中級)

 劇「植物医師(部分)」ほか

高橋輝夫(たかはし・てるお)
元宮沢賢治学会イーハトーブセンター理事
伊藤諒子(いとう・りょうこ)
宮沢賢治イーハトーブ館運営審議委員
 音声による宮沢賢治方言作品「うずのしゅげ」(宮沢賢治学会イーハトーブセンター、2009)、「宮沢賢治方言かるた」(宮沢賢治・花巻市民の会、2013)等の制作に携わる。
ざしきぼっこの会
 宮沢賢治・花巻市民の会の会員を中心に構成、花巻弁による賢治作品の語りを活動の軸とし、朗読会『賢治カフェ』を毎月開催。

外山 正

本セミナーコーディネート

外山 正(とやま・ただし)
1954年生まれ。宮沢賢治学会イーハトーブセンター副代表理事・企画委員長
 小学校時より宮沢賢治に影響を受ける。昭和47年東北旅行により東北方言を知り、以後継続して関心を持つ。宮澤賢治イーハトヴ学事典(弘文堂、2010)「方言の意味」項目執筆。功労賞副賞「金のどんぐり」を制作。

 
 
 
 
 
 近年のセミナー一覧
年度  セミナー名 期日 会場 内容
2017

夏季特設セミナー
「心象スケッチを知っていますか?」第二回
「まことの言葉」をもとめて
―「春と修羅」から『春と修羅』へ

2017年8月5日(土)
2017年8月6日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館
ほか
講演・トーク・エクスカーション
2016 春季セミナー
羅須地人協会とその時代―外臺の夢―
2017年3月25日(土)
2017年3月26日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・エクスカーション 
夏季特設セミナー
第4回宮沢賢治国際研究大会のため
実施せず 
     
2015 企画展・加藤昌男「百八賢治曼陀羅蔵書票展」賛助公演
舘野泉イーハトーブコンサート「KENJI…宮澤賢治によせる」
2015年6月28日(日) 宮沢賢治イーハトーブ館 コンサート
夏季特設セミナー
「心象スケッチを知っていますか?」
コーディネーター:吉田 文憲
1日目 2015年7月25日(土)
2日目 2015年7月26日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・シンポジウム・アトラクション
春季セミナー
宮沢賢治学会春季セミナー2016in東京
心象スケッチから少年小説へ
コーディネーター:平澤 信一
2016年3月20日(日) 大妻女子大学本館E棟055教室 講演・討議
2014 宮沢賢治セミナー「宮沢賢治in気仙」 1日目 2014年6月14日(土)
2日目 2014年6月15日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館
陸前高田市 ほか
講演・バスツアー
夏季特設セミナー
「宮沢賢治記念館、その設立の原点に学ぶ」
1日目 2014年8月2日(土)
2日目 2014年8月3日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・宮沢賢治記念館見学
春季セミナー
「イーハトーブは忘れない「私たち」の東日本大震災」
2015年3月7日(土) 宮沢賢治イーハトーブ館 映画上映・講演・岩崎鬼剣舞上演
2013 セミナー「宮沢賢治と北三陸」 1日目 2013年6月29日(土)
2日目 2013年6月30日(日)
国民宿舎えぼし荘(野田村) 講演・アトラクション・実地研修
夏季特設セミナー
「銀河鉄道の夜」とは何か -新たな出発に向けて-
2013年8月3日(土) 宮沢賢治イーハトーブ館 討議・講演・研究発表
冬季セミナー
宮沢賢治はいまどこにいる -サブカルチャーにおける受容と展開-
2014年2月22日(土) 大妻女子大学A棟150教室 発表・シンポジウム
2012 夏季特設セミナー
賢治短歌の謎と魅力
1日目 2012年7月28日(土)
2日目 2012年7月29日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・短歌・筝曲コンサート
宮沢賢治学会・四季派学会合同研究会 2012年12月15日(土) 大妻女子大学A棟 研究発表・講演
冬季セミナー
「宮沢賢治と映画」
コーディネーター:岡村 民夫
2013年2月16日(土) 大妻女子大学A棟 講演・パネルディスカッション
2011 春季・夏季合同セミナー
「賢治短歌を盛岡にみる」
1日目 2011年6月11日(土)
2日目 2011年6月12日(日)
盛岡市観光交流センター  おでってホール 盛岡市内見学・講演・合唱・シンポジウム
冬季セミナー
「宮沢賢治からのメッセージ」
2011年12月4日(日) 立川女性総合センター・アイム 講演・シンポジウム・特別公演
2012年2月18日(土) 仙台文学館 公演・舞台朗読・パネルディスカッション
 
 
 
 
 地方セミナー開催要項

  【提案理由】

  宮沢賢治学会イーハトーブセンターは、その「設立趣意書」に「賢治の人と作品に関心のあるすべての人が自由に
 平等に交流でき、また利用できる開かれた《広場》」にしたいと謳っているとおり、多くの方々のお力とご賛同、そして
 そのご参加によって維持されてきています。総会や主たるセミナーは花巻市の宮沢賢治イーハトーブ館を会場として
 開かれることが多いのですが、上記の趣旨に照らすとき、その会場が全国各地に設けられることはごく自然なことと
 言えるでしょう。そうした観点から、「地方」で開催するセミナーに関する要綱を設け、提案いたします。

 宮沢賢治学会イーハトーブセンター地方セミナー開催要項

 上記リンクからダウンロードしてご確認ください。
近年に開催した地方セミナー一覧

年度 テーマ 期日 会場 内容
2017年度 宮沢賢治学会イーハトーブセンター地方セミナーin宇都宮
「宮沢賢治と栃木」
1日目 2017年6月3日(土)
2日目 2017年6月4日(日)
カトリック松ヶ峰教会(栃木県)等 講演・パネルディスカッション・群読・エクスカーション 
2016年度  宮沢賢治学会福山セミナー2016
「宮沢賢治における文学と視覚表現―ことばと絵が出会うところ」
1日目 2016年11月26日(土)
2日目 2016年11月27日(日)
福山大学宮地茂記念館(広島県) 基調トーク・研究発表・シンポジウム・パネルディスカッション
宮沢賢治学会神戸セミナー
「宮沢賢治と音楽」
2016年12月23日(金)  甲南女子大学芦原講堂(兵庫県) 講演・パイプオルガン、ピアノ演奏 
2015年度 地方セミナー・弘前「宮沢賢治と津軽in弘前」 1日目 2015年8月29日(土)
2日目 2015年8月30日(日)
弘前パークホテル(青森県弘前市)等 バスツアー・DVD上映・講演・朗読
2014年度 京都セミナー2014《宮沢賢治-修羅の誕生-》 2014年4月20日(日) 京都造形芸術大学 講演・朗読
2013年度 宮澤賢治ワールドin苫小牧「牛があおんでゐる。Mooooo!」 1日目 2014年5月24日(土)
2日目 2014年5月25日(日)
苫小牧市民会館 講演・賢治ウォーク
地方セミナー・松戸「鉄とひと 物ざねが交響する場」 2013年6月21日 松戸市民劇場 講演・座談・朗読劇

 
 
  上向き矢印  このページのトップへ