ご案内および入会方法
宮沢賢治賞・イーハトーブ賞

WEB版オリジナル記事
組織
お問い合わせ
フクロウ
ホーム > セミナーのご案内
 
 
 

夏季特設セミナー 「心象スケッチを知っていますか?」第二回

 「まことのことば」を求めてー「春と修羅」から『春と修羅』へ


  昨年大ヒットし、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した映画「シン・ゴジラ」の冒頭場面に、宮沢賢治の『春と修羅』が出てくる。失踪した謎の科学者が所有するプレジャーボートのテーブルに、それは置かれていた。製作者の意図はどうあれ、『春と修羅』と現代の怪物シン・ゴジラの取り合わせは刺激的で、私たちをさまざまな思いに誘う。 表題作「春と修羅」では、「いちめんのいちめんの諂曲(てんごく)模様」が広がる世界を、「おれ」はゴジラのごとくゆききする。熱線ならぬ怒りと悲しみを吐き出しながら。
 「諂曲(てんごく)」とは「自分の意思をまげて、こびへつらうこと」(『広辞苑』)。修羅の属性を示す言葉であるが、今、日本中がこの模様に覆い尽くされようとしているかに見える時、「ほんたうにおれが見えるのか」という、農夫に向けられた問いが、時空を超えて私たちに投げかけられる。「まことのことば」が失われた世界を咆哮する修羅の姿が、あなたに、本当に見えているのか、と。
 この問いは、夏季特設セミナーの全体テーマである「心象スケッチを知っていますか?」につながっていく。なぜなら、この手法こそ、失われた「まことのことば」を取り戻そうとする、修羅賢治の必死の祈りから生まれた試みだからである。
 言葉がおとしめられ、あるいは沈黙を強いられようとしている時代に、「まことのことば」を求め続けた宮沢賢治の『春と修羅』を現代的視点で読み直してみたい。                    
(企画委員 榊 昌子)

  • 期 日:2017年8月5日()・6日()
  • 会 場:宮沢賢治イーハトーブ館ホール  (二日目はエクスカーション)
  • 定 員:200名
  • 受講料:学会員無料 一般参加者資料代 300円(第1日目)
  • 主 催:宮沢賢治学会イーハトーブセンター 
第1日目   8月5日() 13:30(13:00開場)

① 開会あいさつ
   富山英俊(宮沢賢治学会イーハトーブセンター代表理事)

② 講演 13:40~15:00
      安 智史 (やす さとし) 愛知大学短大部教授
      演題「『シン・ゴジラ』と『春と修羅』」

映画『シン・ゴジラ』冒頭には、ゴジラ対策のカギを握る謎の科学者の遺言「私は好きにした。君らも好きにしろ」と記された封筒とともに、初版『春と修羅』の復刻本が登場します。封筒には、ゴジラ対策の重大な論料(データ)が隠されていました。とすれば、もう一つの遺品である『春と修羅』にも、ゴジラ対策のヒントが隠されているかもしれません。それを読み解いてみましょう。

③ トーク 15:15~16:35

      「今、『春と修羅』を読む」

      吉田文憲(よしだふみのり)詩人
     小池昌代(こいけまさよ)詩人・小説家

④ 交流会 17:10~ 山猫軒 会費1500円

 
 

講師紹介

安智史(やす さとし)愛知大学短大部教授

 1964年茨城県生れ。著書に『萩原朔太郎というメディア――ひき裂かれる近代/詩人』。共著に『『注文の多い料理店』考 イーハトヴからの風信』など。2006年冬季セミナー「宮沢賢治と温泉」および20132月の冬季セミナーin東京「宮沢賢治と映画」のパネリストを務めた。

小池昌代(こいけ・まさよ)詩人・小説家

 1959年東京生まれ。主な詩集に『永遠に来ないバス』『コルカタ』。主な小説集に『感光生活』、『たまもの』。他に『詩についての小さなスケッチ』、編著『通勤電車でよむ詩集』など。近年は和歌と現代詩を往復。新刊に『ときめき百人一首』。

吉田文憲(よしだふみのり)詩人

秋田県生まれ。早大卒。詩集『花輪線へ』でデビュー。『原子野』で晩翠賞、『生誕』で高見順賞。『宮沢賢治 妖しい文字の物語』などで宮沢賢治賞。他に、詩論集に『顕れる詩』など。


第2日目   8月6日()8:40 集合

エクスカーション

  「花巻電鉄鉛線を行くー心象スケッチの舞台を訪ねてー」

 8:40 集合 花巻駅駅前広場(東北本線・ホテルグランシェール脇)

 9:00 花巻駅出発

  •  電鉄の車両見学(材木町公園内)
    「風景とオルゴール」
    「風の偏倚(『春と修羅』)」「二五 早春独白」
    「五二〇〔地蔵堂の五本の
    巨杉(すぎ)が〕」(「春と修羅 第二集」)の舞台などを予定。

12:00花巻駅(東北本線)着予定

12:30新花巻駅(東北新幹線)着予定

12:45イーハトーブ館着予定

交通費 バス代千円(当日徴収いたします。)

定員 40名(定員に達し次第締め切らせていただきます。)

お申込みはこちらから。
申し込みフォーム

またはイーハトーブ館0198―31―2116まで。

 


  
 
 近年のセミナー一覧
年度  セミナー名 期日 会場 内容
2016  春季セミナー
羅須地人協会とその時代―外臺の夢―
2016年3月25日(土)
2016年3月26日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・エクスカーション 
2015 企画展・加藤昌男「百八賢治曼陀羅蔵書票展」賛助公演
舘野泉イーハトーブコンサート「KENJI…宮澤賢治によせる」
2015年6月28日(日) 宮沢賢治イーハトーブ館 コンサート
夏季特設セミナー
「心象スケッチを知っていますか?」
コーディネーター:吉田 文憲
1日目 2015年7月25日(土)
2日目 2015年7月26日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・シンポジウム・アトラクション
春季セミナー
宮沢賢治学会春季セミナー2016in東京
心象スケッチから少年小説へ
コーディネーター:平澤 信一
2016年3月20日(日) 大妻女子大学本館E棟055教室 講演・討議
2014 宮沢賢治セミナー「宮沢賢治in気仙」 1日目 2014年6月14日(土)
2日目 2014年6月15日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館
陸前高田市 ほか
講演・バスツアー
夏季特設セミナー
「宮沢賢治記念館、その設立の原点に学ぶ」
1日目 2014年8月2日(土)
2日目 2014年8月3日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・宮沢賢治記念館見学
春季セミナー
「イーハトーブは忘れない「私たち」の東日本大震災」
2015年3月7日(土) 宮沢賢治イーハトーブ館 映画上映・講演・岩崎鬼剣舞上演
2013 セミナー「宮沢賢治と北三陸」 1日目 2013年6月29日(土)
2日目 2013年6月30日(日)
国民宿舎えぼし荘(野田村) 講演・アトラクション・実地研修
夏季特設セミナー
「銀河鉄道の夜」とは何か -新たな出発に向けて-
2013年8月3日(土) 宮沢賢治イーハトーブ館 討議・講演・研究発表
冬季セミナー
宮沢賢治はいまどこにいる -サブカルチャーにおける受容と展開-
2014年2月22日(土) 大妻女子大学A棟150教室 発表・シンポジウム
2012 夏季特設セミナー
賢治短歌の謎と魅力
1日目 2012年7月28日(土)
2日目 2012年7月29日(日)
宮沢賢治イーハトーブ館 講演・短歌・筝曲コンサート
宮沢賢治学会・四季派学会合同研究会 2012年12月15日(土) 大妻女子大学A棟 研究発表・講演
冬季セミナー
「宮沢賢治と映画」
コーディネーター:岡村 民夫
2013年2月16日(土) 大妻女子大学A棟 講演・パネルディスカッション
2011 春季・夏季合同セミナー
「賢治短歌を盛岡にみる」
1日目 2011年6月11日(土)
2日目 2011年6月12日(日)
盛岡市観光交流センター  おでってホール 盛岡市内見学・講演・合唱・シンポジウム
冬季セミナー
「宮沢賢治からのメッセージ」
2011年12月4日(日) 立川女性総合センター・アイム 講演・シンポジウム・特別公演
2012年2月18日(土) 仙台文学館 公演・舞台朗読・パネルディスカッション
 
 
 
 
 地方セミナー開催要項

  【提案理由】

  宮沢賢治学会イーハトーブセンターは、その「設立趣意書」に「賢治の人と作品に関心のあるすべての人が自由に
 平等に交流でき、また利用できる開かれた《広場》」にしたいと謳っているとおり、多くの方々のお力とご賛同、そして
 そのご参加によって維持されてきています。総会や主たるセミナーは花巻市の宮沢賢治イーハトーブ館を会場として
 開かれることが多いのですが、上記の趣旨に照らすとき、その会場が全国各地に設けられることはごく自然なことと
 言えるでしょう。そうした観点から、「地方」で開催するセミナーに関する要綱を設け、提案いたします。

 宮沢賢治学会イーハトーブセンター地方セミナー開催要項

 上記リンクからダウンロードしてご確認ください。
近年に開催した地方セミナー一覧

年度 テーマ 期日 会場 内容
2017年度 宮沢賢治学会イーハトーブセンター地方セミナーin宇都宮
「宮沢賢治と栃木」
1日目 2017年6月3日(土)
2日目 2017年6月4日(日)
カトリック松ヶ峰教会(栃木県)等 講演・パネルディスカッション・群読・エクスカーション 
2016年度  宮沢賢治学会福山セミナー2016
「宮沢賢治における文学と視覚表現―ことばと絵が出会うところ」
1日目 2016年11月26日(土)
2日目 2016年11月27日(日)
福山大学宮地茂記念館(広島県) 基調トーク・研究発表・シンポジウム・パネルディスカッション
宮沢賢治学会神戸セミナー
「宮沢賢治と音楽」
2016年12月23日(金)  甲南女子大学芦原講堂(兵庫県) 講演・パイプオルガン、ピアノ演奏 
2015年度 地方セミナー・弘前「宮沢賢治と津軽in弘前」 1日目 2015年8月29日(土)
2日目 2015年8月30日(日)
弘前パークホテル(青森県弘前市)等 バスツアー・DVD上映・講演・朗読
2014年度 京都セミナー2014《宮沢賢治-修羅の誕生-》 2014年4月20日(日) 京都造形芸術大学 講演・朗読
2013年度 宮澤賢治ワールドin苫小牧「牛があおんでゐる。Mooooo!」 1日目 2014年5月24日(土)
2日目 2014年5月25日(日)
苫小牧市民会館 講演・賢治ウォーク
地方セミナー・松戸「鉄とひと 物ざねが交響する場」 2013年6月21日 松戸市民劇場 講演・座談・朗読劇

 
 
  上向き矢印  このページのトップへ