ご案内および入会方法
宮沢賢治賞・イーハトーブ賞

WEB版オリジナル記事
組織
お問い合わせ

フクロウ
ホーム > 企画展示のご案内
  ▼ 企画展示のご案内        ▼ イヴェントのお知らせ

宮沢賢治ひのきとひなげし
中野真紀子作陶展

開催/20187月7日(金)~2018年10月7日(土)
 
 

賢治さんとひのきと私

 

最初に誰かに何かを伝えたいと感じたのは、5歳の時のよく晴れた少し暑い日でした。

干した布団の上でウトウトと昼寝をしようとした時に、窓の外の雲が 風の流れで移動して、太陽の強い光をさえぎったりむき出しにしたりする事で、その光が反射した私の部屋は次々と色が変わっていきました。美しかった。

この気持ちを今すぐ母に伝えたかったけど、当時の私にはどう表現したらいいか分かりませんでした。

初夏の匂いがする日暮れにワクワクしたり、冷たい空気の落ち着いた色彩の真冬の美しさをじっと見つめたり、死んでしまった愛犬と相思相愛だった事。

震えるほど心が動く瞬間を人に伝えたくて陶芸を始めました。

賢治さんが過した言葉たちは、私を遠くまで連れて行ってくれます。

発見した 美しくて何気ないこの世界の面白さを、自分以外の人に伝える魔法を少しだけ教えて貰えた気がします。

展覧会のタイトルになった『ひのきとひなげし』は綺麗になりたくて仕方がなくって、悪魔に騙されそうになるひなげしと、その悪魔を追っ払い、あるがままの美しさを説くひのきのお話です。

悪魔に騙されたら 次の世代に命を繋ぐことが出来なくなり大変な事になるのに、どうしても綺麗になりたかったひなげし。

「天(あめ)なる花を星といい、この世の星を 花という」と話すひのき。

両者の交わらない思いが、現実世界でのままならなさと、それでも生きていく人生と重なる気がしたので魅力を感じました。

賢治さんの言葉の糸と、私の土の針で縫う刺繍のような展覧会を目指しました。

どうぞごゆっくりご覧下さい。


中野 真紀子  陶作家

1984年 神奈川県横浜市に生まれる
2009年 多摩美術大学工芸学科卒業
NPO法人3.11こども文庫 理事 

新宿クリエイターズフェスタなど、都市型アートイベントにおいて こどもアートプログラムの講師などをつとめる。 

2013 2014  人口30名、高齢化率約70%の瀬戸内海の離島
愛媛県上島町高井神島にて、かわうそアートキャンプの美術講師をつとめる。

2015年 西武新宿駅前通り「怪獣street」トランスボックス アートプロジェクトに参加

コカ・コーラ ボトル100周年期間 アートスリムボディチャリティ展に参加

2016年 西荻窪アートスクランブル展に参加。

【個展・グループ展】
表参道 ギャラリーニイク 個展
銀座 あかね画廊 個展
日本橋髙島屋 個展
ヒルトン東京 個展
自由が丘 もみの木画廊 グループ展
滋賀 ギャラリー唐橋 グループ展
大阪 阪急梅田 チャリティ展
渋谷 ギャラリー LE DECO グループ展
横浜 BankART1929 卒業制作展 

現在 埼玉県川口市で作陶中

 

 
 上向き矢印
 
 宮沢賢治イーハトーブ館展示募集要項

 宮沢賢治イーハトーブ館は、賢治の人と作品を愛する人たちの発表した様々なジャンルの芸術作品や研究成果をできるかぎり多く集め、たくさんの人たちに利用していただき、触れていただくためにつくられた施設です。ここには、図書室とともに展示場も用意されています。この展示場を使って企画展示を希望する個人または団体に発表の場を提供するため、次の要領で募集します。

1 主催  
 宮沢賢治学会イーハトーブセンター

2 企画
 宮沢賢治に関する絵画、写真、彫刻等の芸術作品、または研究発表とします。作品の内容は、賢治作品の翻案に限らず、広く賢治作品に共鳴するものも受け入れます。表現形式は問いませんが、当館展示場の施設・設備で対応できる規格とします。

3 費用
 展示にかかる費用は予算の範囲内で主催者が負担します。ただし、搬入搬出費や旅費など、展示にかかる間接的な経費は原則として出品者・出演者の負担とします。また企画展の入場料は基本的には無料とします。

4 応募資格
 宮沢賢治学会イーハトーブセンター会員、もしくは会員の推薦、紹介による希望者。個人、団体の別は問いません。

5 応募方法
 所定の申込み用紙に、氏名・住所・連絡先等を明記のうえお申し込みください。なお申込みの際は期日の6カ月前を原則とします。用紙は事務局にご請求ください。また展示の概要がわかる企画書を別に提出してください。

6 選考
 宮沢賢治学会イーハトーブセンターが選考します。

7 詳細協議
 選考の結果、企画が承認されれば、上記の細部や定めのない事項、疑義やその他詳細について、事務局と協議のうえ決定します。

企画展示申込書のダウンロードはこちらから。
(2019年度の募集となります。)
 近年の企画展示一覧
年度 企画展 会期 企画・構成・監修 作成
2017年度 賢治とイーハトーブの樹木たち 10/2~2018/3/31 宮沢賢治学会イーハトーブセンター  
宮沢賢治と「アザリア」の仲間たち展 7/3~9/30  実行委員会 解説書
吉田精美の イーハトーブ真景 4/3~6/30 宮沢賢治花巻市民の会・精美さんと親しむ会  
2016年度 イーハトーブの石 10/20~2017/3/31 加藤碵一・青木正博・
原子内貢・藤野正孝
解説書
賢治研究の先駆者たち⑥ 黄瀛展 4/15~10/13 王敏・岡村民夫・榊昌子・
杉浦静・栗原敦・佐藤竜一
解説書
2015年度 KAGAYA展「銀河鉄道の夜」 12/19~2016/4/13 画・KAGAYA
宮沢賢治童話陶芸創作展 10/3~12/16 銀河工房(銀河の森)
百八賢治曼荼羅蔵書票展 6/17~9/23 加藤昌男
「春と修羅」×35人の美大生~
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科生によるアートブック展
2015/4/6~6/13 下平祐輔
2014年度 宮澤賢治岩手山麓を行く 盛岡付近地質調査 11/6~2015/3/29 栗谷川寛衛
絵本作家 いせひでこの世界 9/3~11/3 鎌田 良行
組木絵~宮沢賢治の世界~ 7/6~8/31 三橋 玲子
みんなが幸せに!
―宮沢賢治童話(の法華経)のこころ―
2014/6/3~7/3 北畠 聖龍
2013年度 賢治研究の先駆者たち⑤ 宮沢清六展 2013/9/21~2014/5/31 入沢康夫・天沢退二郎・
杉田英生・栗原敦・杉浦静・大島丈志・宮澤明裕
解説書
穹窿に ドローイング・宮澤賢治渉猟 佐藤比呂二展 2013/4/1~9/18 佐藤 比呂二
2012年度 賢治と南昌山展 2012/10/2~2013/3/30 松本  隆
宮沢清六 イギリス海岸写真展 2012/6/2~9/30 宮沢 正隆
2011年度 高橋亭夫*雪と氷の造形写真展「雪と氷の造形美と温暖化」 2011/7/10~2012/5/31 高橋 亭夫
  


 事務局に寄せられたイヴェントの情報をお知らせいたします。
 開催要項(会場、参加申し込み、詳細等)については、直接、主催者にお問い合わせください。

始まり 終わり 企画名 主催 場所
4月2日 6月30日 宮沢賢治との出会い 伊藤卓美木版画展 宮沢賢治イーハトーブ館・宮沢賢治学会イーハトーブセンター 宮沢賢治イーハトーブ館(岩手県)
4月13日 賢治の愛した音楽 公益財団法人練馬区文化振興協会 大泉学園ゆめりあホール(東京都)
4月13日 7月3日 宮沢賢治のどうぶつ絵本原画展 絵本美術館 森のおうち 絵本美術館&コテージ森のおうち(長野県)
4月14日 公演「注文の多い料理店」「めくらぶだうと虹」「水仙月の四日」 ものがたりグループ☆ポランの会 宮沢賢治イーハトーブ館(岩手県)
4月14日 7月1日 特別展「宮沢賢治―友情のかたち」 公益財団法人練馬区文化振興協会 練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室(東京都)
4月28日 宮沢賢治の世界―Vol.30 SHOW&野口 広尾東江寺本堂(東京都)
4月28日 7月22日 賢治と樹木―童話「虔十公園林」―展 パートⅡ 宮沢賢治記念館 宮沢賢治記念館(岩手県)
4月29日 手刷りの札によるかるた会 宮沢賢治学会イーハトーブセンター 宮沢賢治イーハトーブ館(岩手県)
4月29日 雁の童子
―ほとほとと いのちの扉 たたくもの―
林洋子賢治語り芸・クラムボンの会 禅東院(東京都)
5月2日 宮澤賢治野宿100周年記念祭 宮澤賢治野宿地保存会 大瀬川振興センター(岩手県)
5月12日 公演「やまなし」「フランドン農学校の豚」 ものがたりグループ☆ポランの会 宮沢賢治イーハトーブ館(岩手県)
5月25日 岩手大学宮澤賢治センター第99回定例研究会 岩手大学宮澤賢治センター 岩手大学農学部1号館 2階 1号会議室
7月20日   岩手大学宮澤賢治センター第100回定例研究会 岩手大学宮澤賢治センター 岩手大学農学部1号館 2階 1号会議室
7月22日 7月24日 第19回グスコーブドリの大学校  石と賢治のミュージアム  岩手県一関市東山町 ほか 

  宮沢賢治学会イーハトーブセンター/宮沢賢治イーハトーブ館
 〒025-0014 岩手県花巻市高松1-1-1
  TEL 0198-31-2116
  FAX 0198-31-2132

  mail kenji.info@kenji.gr.jp
  上向き矢印  このページのトップへ