事業のお知らせ
ご案内および入会方法
宮沢賢治賞・イーハトーブ賞
会報・機関紙
WEB版オリジナル記事
事務局案内
組織
猫の事務所
お問い合わせ

Acrobat ReaderPDFファイル閲覧するためにはAcrobat Readerが必要です。お持ちない方はこちらよりダウンロードしてからご覧ください。
フクロウ

ホーム
> 会報・機関誌

 
  第9号(1999年3月31日発行)

・ビブリオグラフィー 一九九八年 
・国語教科書に掲載されている宮沢賢治の作品 
・フィルモグラフィー 一九九八年 
・ディスコグラフィー 一九九八年 
・松澤和宏「『銀河鉄道の夜』─初期形、最終形、決定稿」
・細田嘉吉「地学からみた「楢ノ木大学士の野宿」」
・榊 昌子「「初期短篇綴」クロニクル・「柳沢」編」
・杉浦 静 「〈資料紹介〉リップス『美学大系』(書き入れ本)」
・ジョンA・F・ホプキンズ「宮沢賢治の詩「春と修羅」の記号学的分析」
・Q&A「『春と修羅』」第二集所収の「五一九春」と「九三〔日脚がぼうとひろがれば〕」それぞれの校異における両者の関係について」
 
上向き矢印
 
  第8号(1998年3月31日発行)

・ビブリオグラフィー 1997年 
・国語教科書に掲載されている宮沢賢治の作品 
・フィルモグラフィー 1996─1997年 
・ディスコグラフィー 1997年 
・澤口勝弥「宮沢賢治『税務署長の冒険』─その社会的背景と租税思想─」
・多田 実「カルボナード島 命名考─探鉱者の視点より─」
・富山英俊「宮沢賢治の詩の実現」
・島田隆輔「〔冬のスケッチ〕原状に迫る試み/現存稿(広)グループ・標準型(一)における」
・伊藤光弥「検証・南斜花壇」
・中村節也「賢治のうたった星」
・森本智子「宮沢賢治と「装景」─「虔十公園林」を中心に─」
・佐藤栄二「短篇「電車」の〈鼠の天ぷら〉考」
・Q&A「定稿用紙の失われた「文語詩稿 一百篇」作品」
 
上向き矢印
 
  第7号(1997年3月31日発行)

・ビブリオグラフィー 1996年 
・ディスコグラフィー 1996年 
・原 子朗「小倉豊文先生 玉案下」
・岡澤敏男 「モンタージュされた詩「小岩井農場」」
・水野達朗「「心象スケッチ」の成立とエマソン受容」
・土岐理和子「「水仙月の四日」とはいつか」
・青塚宏次「宮沢賢治と円環序説─『なめとこ山の熊』と『銀河鉄道の夜』を中心に─」
・伊藤光弥「賢治の蔬菜・草花栽培史─羅須地人の苦闘と夢と─」
・竹腰幸夫「宮沢賢治・二相系モデルとしての『銀河鉄道の夜』」
・板谷栄城「賢治と『小さき花』」
 
上向き矢印
 
 
    宮沢賢治学会イーハトーブセンター/宮沢賢治イーハトーブ館
 〒025-0014 岩手県花巻市高松1-1-1
  TEL 0198-31-2116
  FAX 0198-31-2132
  上向き矢印  このページのトップへ