事業のお知らせ
ご案内および入会方法
宮沢賢治賞・イーハトーブ賞
会報・機関紙
WEB版オリジナル記事
事務局案内
組織
猫の事務所
お問い合わせ

Acrobat ReaderPDFファイル閲覧するためにはAcrobat Readerが必要です。お持ちない方はこちらよりダウンロードしてからご覧ください。
フクロウ

ホーム
> 会報・機関誌

 
  第6号(1996年3月31日発行)

・ビブリオグラフィー 1995年 
・鎌田東二「風・鳥・シャーマン山─宮沢賢治の言語宇宙」
・奥山文幸「「小岩井農場」論─幻視・本体・現象─」
・杉浦嘉雄「“自然の翻訳書『銀河鉄道の夜』”に隠された自然と心の深層を探る(続編)?異空間列車、銀河鉄道を夏の夜空のキャンバス上に敷設する夢作業?」
・伊藤光弥「「六日間の日記」ほか─賢治年譜(昭和五年)の発掘─」
・島田隆輔「春と修羅第二集の文語化稿と《文語詩稿》」
・米村みゆき「『どんぐり山猫』と一郎の学校教育」
・押野武志「宮沢賢治の〈眼〉について」
・色川大吉「歴史家の見た宮沢賢治」
・色川大吉「〈色川大吉講演・補論〉賢治の国柱会とベジタリアン大祭」
・須田浅一郎「宮沢賢治の文語詩に拠る挑戦」
・大隈 満「続・宮沢賢治と大江健三郎」
 
上向き矢印
 
  第5号(1995年3月31日発行)

・ビブリオグラフィー 1994年 
・福島 章「不思議の国の宮沢賢治」
・袴田共之「イーハトーブの軌跡の果てに」宮沢賢治に環境を読む
・栗原 敦「表記と用字、あるいは時期推定書簡存疑」──『新校本宮澤賢治全集』書簡集編集作業から──
・杉浦嘉雄“自然の翻訳書『銀河鉄道の夜』”に隠された自然と心の深層を探る?異空間列車、銀河鉄道を夏の夜空のキャンバス上に敷設する夢作業?
・吉江久弥「鎮魂としての『銀河鉄道の夜』─その発想と展開──」
・島田隆輔『文語詩稿』構想の成立過程試論(その3)──《ウル一百篇構想》から《文語詩稿構想》へ──
・岡村民夫「踊る文字『蠕虫舞手』について」
・大隈 満「宮沢賢治と大江健三郎」
・Q&A「銀河鉄道の夜」本文決定をめぐって245 ─
 
上向き矢印
 
  第4号(1994年3月31日発行)

・ビブリオグラフィー 1993年 
・吉田文憲「穴と振動─「風の又三郎」小論─」
・斎藤文一「スタインメッツ著『相対性理論と空間論についての四つの講話』の世界(三)─宮沢賢治「農民芸術概論綱要」への影響─」
・島田隆輔「『文語詩稿』構想の成立過程試論(その1)─《文語詩篇 ノート構想》─」
・伊藤雅子「「銀河鉄道の夜」黒帽子の大人のいる最終形」
・山根知子「「土神と狐」の修羅性─土の意味をめぐって─」
・多田 実「モリブデンと賢治の三つの童話」
・千葉一幹「宮沢賢治にさからって─文学の多数性をめぐる一考察─」
・渋沢孝輔「ランボーと宮沢賢治」
・入沢康夫「研究随想《宮沢賢治を読むために》4 自筆・他筆の問題」
・須田浅一郎「「追」か「迫」かの問題」
・井田誠夫「「真空溶媒」について」
・藤根研一「劇「飢餓陣営」の参考書」
 
上向き矢印
 
    宮沢賢治学会イーハトーブセンター/宮沢賢治イーハトーブ館
 〒025-0014 岩手県花巻市高松1-1-1
  TEL 0198-31-2116
  FAX 0198-31-2132
  上向き矢印  このページのトップへ